DD(ディーリングデスク)方式とは

DD(Dealing Desk)方式とかMM(Market Maker)方式とか言われていますが、マーケットメイカー、すなわち取引価格を決めているFX業者のことです。取引価格を決めるためにディーリングデスクがFX業者の中にあります。日本のFX業者は大体この方式です。

FX業者が取引を決める

まずオーダーを出すと、それがFX業者の中のディーリングデスクに行きます。ほかにもトレーダーがオーダーを出していますから、そのなかで約定させることもできますが、当然売りと買いが釣り合うことはなくて、その差分をFX業者で処理しています。

この処理をどうするかですが、もしも負けてているトレーダーと分類されている場合は、FX業者は実際に取引を行いません。トレーダーの負けがそのままFX業者の利益になります。

もしも勝っているトレーダーと分類されている場合は、FX業者はヘッジポジションをインターバングを通じてとります。ですのでFX業者は損することはありません。

このようなような仕組みを自動的にアルゴリズムで処理しています。

トレーダーの負けはFX業者の利益

スプレッドが通常はFX業者の利益分ですが、負けているトレーダーの負けが利益になっているところがポイントです。DD方式のFX業者はトレーダーに勝って欲しくないわけです。

固定スプレッドが可能

市場では売り買いが不均等になりますからスプレッドが広がるのは当たり前ですが、このDD方式の場合スプレッドは固定にできます。また狭く見せることもできます。原則固定とかにしてさらに利益を増やそうとしているFX業者も散見されます。

価格操作が可能

DD方式の場合のやらしい点は、価格操作ができることです。実際に日本国内のそれぞれのFX業者の出している価格を見たら明らかに違っているのに気づくことができます。これが不透明さの一番の要因です。

市場の大きな変動に弱い

海外のFX業者ではDD方式を行っているところはこの不透明さから淘汰されていっています。最近では日本以外ほとんど見られません。またスイスフランショックのように市場で大きな動きがあると破たんする可能性もありますのでお勧めできません。

NDD(ノーディーリングデスク)方式とは
NDD(No Dealing Desk)方式のFX業者とはディーリングデスクがないFX業者のことで、FX業者が勝手に取引を決めることはありま...
スポンサーリンク
ブログランキング

応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ人気ブログランキング

フォローする

DD(ディーリングデスク)方式とは
この記事をお届けした
ドル使いの海外投資の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!