NDD(ノーディーリングデスク)方式とは

NDD(No Dealing Desk)方式のFX業者とはディーリングデスクがないFX業者のことで、FX業者が勝手に取引を決めることはありません。オーダーはすべてディーラーが介在することなく自動的にLP(Liquidity Providers)を通じてインターバンク市場に流れていきます。

DD(Dealing Desk)方式とかMM(Market Maker)方式とか言われていますが、マーケットメイカー、すなわち取引価格を決め...

すべては自動ですので、リクオートは発生しませんし、オーダーは高速に、匿名性をもって処理されます。FX業者はスプレッドと手数料だけが収入源になります。FX業者としてはトレーダーに利益を出してもらって、長期にわたってトレードしてもらうことが利益につながります。

LP(Liquidity Providers)

LP(Liquidity Providers)とはFX業者のポジション仲介業者です。トレーダーがポジションをとると、LPが反対ポジションをとります。LP自体のやっていることはDD方式とあまり変わらないのですが、LPは常に競争させられています。

LPは、シティバンク、モルガンスタンレー、野村證券などなどの金融機関です。

取引価格はLPが決める

LPが売値と買値を提示して、FX業者はその中からベストなものを選ぶことができます。FX業者はいろいろなLPと契約することで、高い流動性と狭いスプレッドを手に入れることができます。

使用するLPの数

もしもたった一つのLPとだけ契約しているのであれば、それはほとんどIB(Introducing Broker)と同じになってしまいます。

通常はFX業者は複数のLPを使っています。ECN方式の場合はさらに多くのLPを使用します。

STP方式とECN方式

NDD方式は通常STPとECNの二つのタイプがあります。

STP(Straight Through Processing)方式

STP(Straight Through Processing)方式とは、オーダーが直接市場に流れるということで、STP方式のFX業者は実際に取引を行うことはないです。

ですのでSTP方式のFX業者はベストの値を提供しているLPのスプレッドに、少し上乗せしてそれを利益としています。

利益はそれだけですが、ディーリングデスクを設置する必要も、ディーラーも必要もありませんので投資を抑えられます。

STP方式でも、どれくらいの数のLPを使っているかが重要になります。より多いほうが良いですね。

またLPの提供している価格は、リアルタイムの市場価格です。ですのでSTP方式ではリアルタイムの市場価格で取引することが可能になります。

STP方式で固定スプレッド

STP方式でも固定スプレッドを提供しているFX業者が存在します。でもお世辞にもスプレッドが狭いとは言えません。LPが提供しているスプレッドが設定より高い状態が長期間続くと利益が出ないでしょうが、それを加味して利益が出るようにスプレッド設定されています。通常取引ではトレーダーに不利になります。市場がかなり荒れているときにしか使えません。

DMA(Direct Market Access)

金融機関の市場価格でトレーダーからの注文を成立させるための電子的なシステムのことをDMA(Direct Market Access)と呼びます。トレーダーにとっては透明性が高く、遅延の少ない取引環境が利用できることになります。

DMAでは市場に直接アクセスします。すべてのオーダーは直接LPに渡されないといけません。Market executionを行っているFX業者がDMAを提供しているといえます。

STP方式のFX業者がすべてDMAを提供しているわけではありません。DMAであれば固定スプレッドはあり得ません。

Market execution

注文はすべて市場に流れて、LPから提示されている値段に基づいて決済されます。

Instant execution

注文は市場に流れません。FX業者が即時に一旦オーダーを受け取ってしまいます。値はLPで提示されているものです。その後LPと取引を実施します。タイムラグはFX業者のリスクとなります。ですのでもしもLPにヘッジポジションを取れないような状況の場合、リクオートが発生します。

STP方式でDMA

STP方式でかつDMAであれば、まず提示されているレートが世界のFX市場を反映したものになります。すべてシステムで処理されるので透明性が高く匿名性が高いです。もちろんリクオートは発生しません。スリッページもありません。部分約定なんてありません。買値と売値は競争により選択されます。もちろんスキャルピングやニューストレーディングなどのトレーディングスタイルによって拒否されることは発生しません。

ECN(Electronic Communications Network)方式

ECN(Electronic Communications Network)方式のFX業者はオーダーを受けると、CurrenexHotspotLMAXのような取引プラットフォームにオーダーを入れます。このプラットフォームにはたくさんのLPが接続されていて、各々顧客のオーダーをそのプラットフォームの中に入れていきます。そして株式の売買のように、板になってリアルタイムに取引が成立していきます。この仕組みでトレーダーはより有利なレートを得ることができます。

気配値の間があけばスプレッドが広がることになりますので、スプレッドは変動です。板情報はトレーダーも見ることができます。

ECN方式のFX業者はスプレッドで利益を出すことが基本できませんので、手数料を徴収することになります。ECN方式といっていてもスプレッドを少し広げて、手数料を安くしていたり、無料にしているFX業者もあります。その場合正確にはECN方式とは言えないですが狭いスプレッドを提供できます。

このようにECN方式を採用しているであれば、より透明性が高く匿名性の高い取引環境で、市場直結で高速に取引が可能です。リクオートはありません。スリッページというか、板の枚数が少なければ次の板に行きますので、透明性のあるスリップはあります。トレーディングスタイルによって拒否されることはありません。インターバンクのレートとスプレッドになります。

多くのFX業者ではSTP方式の口座と、ECN方式の口座を両方提供しているところが多いです。透明性はECN方式のほうが高いですが、手数料とスプレッドの関係でSTP方式が有利になる場合もありますので、トレーダーが自分に適したほうを選ぶことができます。

スポンサーリンク
ブログランキング

応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ人気ブログランキング

フォローする

この記事をお届けした
ドル使いの海外投資の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!