トルコ首相辞任報道でトルコリラ下落

5月4日にトルコのAhmet Davutoglu首相の辞任報道の直後から一気にトルコリラが対ドルで3.9%下落しました。USDTRYの2.958は二月以来ですね。Erdogan大統領が権力闘争に勝利したということで、より緩和方向に政策が傾く可能性があり、通貨は売られることになります。

トルコリラだけでなく、南アフリカランド、ブラジルレアル、ロシアルーブル、メキシコペソなど新興国通貨も5月2日から大きく下落していて、トルコリラは今回の報道による下落と重なって大きく下げています。

またドル円は105円台に突入するなど大きく下落しており、トルコリラを対円でポジションされている方は大きな損失となっていることでしょう。

ドル円に関していえば、とりあえず2月11日に書いた目安の105円に達したことで落ち着く可能性があります。105円以下は現時点では下げすぎになり戻ってくることを想定します。

金が1200ドルを超えてきました。ドル安相場は確実になったかと思います。ドル円も112円台まできましたね。ただここら辺で小休止して、小さな反発をはさみながら一旦落ち着くかなと思います。ただ今年に入って強く思うのですが、相場がかなり速いですね。116円を下回ったら112円になるとは思っていましたがあっという間でした。 中...

トルコリラの動きをみるうえで、USDTRYというよりEURTRYを見てほしいです。下のチャートは週足チャートでレジスタンスラインを抜いていることが分かると思います。残念ながらチャートはリラ安方向です。

eurtry weekly

EURTRY週足チャート

スポンサーリンク
ブログランキング

応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ人気ブログランキング

フォローする

トルコ首相辞任報道でトルコリラ下落
この記事をお届けした
ドル使いの海外投資の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!