FX市場の時間帯による特性は日本人に適している

FX取引の良いところの一つは、週末を除いて市場が24時間開いていることでしょう。日中仕事をしていても、出社前に取引を行うこともできますし、仕事終わりからトレードを開始することもできますし、たとえ夜中であっても取引をすることが可能です。

でも時間帯によって取引量が違ってきますし、ある時間帯はボラタリティがあるけど、ある時間帯はほとんど動かなくなるとか、時間帯によって差が出てきます。ですので時間帯による特性を考慮して取引することが必要になってきます。

market open time

主要マーケットのオープン時間

東京、ロンドン、ニューヨークが世界の3大マーケットですが、それぞれの市場のオープンから2時間程度に取引のピークがあります。でも東京はロンドン、ニューヨークと比べるとかなり小さいです。OANDAのForex Market Hoursのページが参考になります。

週末一番最初にマーケットが開くのはウェリントンですが、取引量が少なくスプレッドが広がるのでこの時間帯の取引は難しいです。ただ週明けの月曜日に大きく窓を開けて来た場合は窓埋めを狙った取引を行ったりします。

次にシドニーが開きますので、AUDUSDなどはこの時間から取引を開始します。他の通貨は流動性が少なくスプレッドは広いままです。

次に東京が開き、ここから取引量が一気に上がりますが、USDJPYが主体で他の通貨はまだ取引量が少ないです。東京には仲値が9:55にあるのでその周辺に取引量が上がります。午後にかけては取引量が減るので、午前中に取引を済ませ、午後はロンドンを待つ感じになります。午前中にトレンドができても、午後2時くらいにはポジションをクローズしてロンドンを待つことが多いですね。実際この時間帯でいったん調整することが多いです。

次にフランクフルト、さらにロンドンが開きます。ここで一気に取引量が増えますし、新興国通貨も含めてスプレッドが一気に狭くなります。17時に会社が終わるのであれば、この時間は取引しやすいと思います。トレンドができれば素早く乗りたいところです。

ロンドンが世界一取引量が多いとよく言いますが、ニューヨーク開始前に米国経済指標の発表があったりするのもあるし、ニューヨークと時間帯が被っているからですね。ニューヨークが開く一時間前から取引量が一気に増加します。ボラタリティが大きくなることが多いので、それに合わせる必要があります。雇用統計発表時は要注意です。

ニューヨークが始まると、取引量はさらに増します。日本時間24時にNYオプションカットがあるのと、1時にロンドンフィキシングがあるので相場が動きやすいです。そのあとは参加者が少なくなっていき、ボラタリティもなくなります。

FX市場の時間帯による特性は、日本人のサラリーマンが副業でFX取引をするのに非常に適していると思います。会社が終わればスマートフォンでロンドン市場をチェックしながら家に帰り、夕食を済ませてニューヨークが始まれば家の大きなスクリーンで取引を行い、ボラタリティがなくなれば寝るといった取引ライフスタイルが可能ですね。