ポンド売りFTSE100売りで英国EU離脱ヘッジ

イギリスのEU離脱の国民投票は6月23日に行われます。もしもEU離脱ということになると、ポンド安、ユーロ安、円高になることは明らかだと思います。相場はEU離脱をほとんど織り込んでいませんね。でもどれくらいのインパクトになるかというとポンド以外は比較的大きくないと思います。でもネガティブなインパクトが波及して特に南アフリカランドとか大きく下げそうな予感がします。

そもそもイギリスはユーロを採用していないので、通貨の観点で影響範囲を局所化できるはずですね。ですが英国経済においては影響は甚大だと思います。ポンド売りとFTSE100を売っておけば、EU離脱のヘッジができますね。インパクトは大きいはずですから少額でも効果がありそうです。

でも実際にEU離脱になるとは今のところ思えません。EU離脱はどう考えたって不利ですから。でも移民問題は分からんでもないです。自国民の雇用も十分に提供できない状態で移民を受け入れたならば、ますます雇用状況が悪化するのは明らかですからね。まだ時間がありますからEU側から何らかの譲歩案が出てくると思っています。今のところ残留派が多少有利な状況ですが、またテロとかがあると一気に情勢が変わる可能性がありますので注意が必要です。

スポンサーリンク
ブログランキング

応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ人気ブログランキング

フォローする

ポンド売りFTSE100売りで英国EU離脱ヘッジ
この記事をお届けした
ドル使いの海外投資の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!