トランプ大統領確定で米国株買い推奨

グローバル化拡大の終焉の流れが後押ししてトランプさんが有利だと前の記事に書いた通り、開票直後から一方的にトランプさんが強い展開で、そのままトランプさんが逃げ切り勝利を収めました。

11月8日はいよいよアメリカ大統領選挙の開票日になります。かなり接戦の選挙でブッシュさんとゴアさんの2000年の選挙を思い出します。クリント...

トランプショックとか言って世の中が終わるような報道があるのですが、絶対にそのようなことはないはずです。長期的に考えればトランプさんの政策の方が私は良いと思います。

トランプさんの政策の基本は他の国よりも自国の利益優先です。アメリカが自分勝手になって本気を出せばGDP成長3.5%もあると思います。為替は当面は利上げがなくなったと思いますので少しの間はドル安方向だと思いますが、結局来年はインフレ懸念で利上げせざるを得ないでしょう。

アメリカにはグローバル企業が多く、海外での利益をアメリカに引き上げたくてもリパトリは税率35%がかかるために海外に大量に留保する結果になっています。これがトランプさんの減税で10%に、しかもこれよりも下げるという動きがありますので、大量の資金がアメリカに戻る可能性があります。

これはドル高要因で、自社株買いもあるでしょうから株高要因です。キャッシュフローが改善されて、さらに貿易で自国を守る動きはアメリカ国内の企業にもプラスに働いていき、雇用も生み出し物価も上がっていくでしょう。

強いアメリカに備えて、シンプルに米国株に投資しておけばよいだけですから簡単ですね。ただ急には上がらないで、まずはある程度下げるんでしょうね。

スポンサーリンク
ブログランキング

応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ人気ブログランキング

フォローする

この記事をお届けした
ドル使いの海外投資の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!