通貨ペアを決めて取引する

FX業者によっては数十種類の通貨ペアの取引銘柄をそろえていて、どの通貨ペアで取引しようか迷ってしまいます。通貨ペアなんて気にせずチャートだけ見ていれば良いのでしょうか、同じ通貨ペア一筋で付き合っていくべきでしょうか。

パターンで取引は基本

通貨ペアを切り替えながらきれいなトレンドを描いているものを探して、15分足で見ていたのを1時間足でみても同じ方向のトレンドになっていたら、15分足でのレジスタンライン付近でエントリーなんていうパターンでも取引できてしまいます。

こういったパターンは通貨ペアに依存しないし、商品銘柄でも同じだったりします。パターンをつかんで取引することは基本ですが、これだけだと勝率は五分五分付近だったりします。

通貨ペアの独自の動きをつかむ

通貨ペアごとに個性というか独自の値動きというものがあります。どうして独自の動きが生まれるかはわかりませんが、流動性が主体となるマーケットのタイミングで大きく変わることだったり、ドルストレートとクロス円で組み合わせが変わると全然動きが変わります。

違いは良くボラタリティに現れます。一気に値が短期間に飛んではすぐに戻ってきたり、戻らなかったり色々と癖があります。こういった通貨ペアごとの個性をつかむとそれなりに勝率が上がります。

見る通貨ペアは絞る

私はデイトレする通貨ペアは、GBPJPY、GBPUSDが多いです。USDJPYはスイングトレードでは使いますがやっぱりポンドがらみがボラタリティがあるので扱いやすいです。特にGBPJPYは素直な値動きでなくて、それを掴むと扱いやすいと思います。おすすめ通貨ペアです。

最初は色々とチャートをみて癖をつかんで、その中で自分が扱いやすいと思う通貨ペアを中心に見るようにするとよいです。

取引回数が増える副作用

見る通貨が少ないと取引回数が減ってしまいそうですが、私もですが取引が増えてしまう傾向にあります。チャートで取引しているとはまったチャートになるまで待つことが多いし、ずっとチャートを見ているわけでもありません。

値動きをみているということはチャートをずっとみていなくてはいけなくて、ここはというところはタイミングで取引することもできてしまいます。チャートが今一つでもエントリーは可能で、結果としてエントリーが増えてしまったりします。

スポンサーリンク
ブログランキング

応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ人気ブログランキング

フォローする

この記事をお届けした
ドル使いの海外投資の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!