トランプ大統領の政策ビジョンについて

第45代アメリカ合衆国大統領はドナルド・トランプさんに決まりました。彼は政策に関しては選挙戦で言っていた公約をほぼ実行すると思います。もう一度彼の政策のビジョンの一部を確認しておきましょう。

グローバル化拡大の終焉の流れが後押ししてトランプさんが有利だと前の記事に書いた通り、開票直後から一方的にトランプさんが強い展開で、そのままト...

経済関連

  • これからの十年で2500万人の雇用創出する力強い好景気を作ります。
  • 1パーセントGDPが成長すると120万人の雇用が創出できます。なので1.5パーセントの成長を10年間続けると1800万人の雇用が想像できる計算になって、今のままでも700万人増える想定なので、それと合わせて合計2500万人の雇用が創出できます。
  • 緩和的租税計画, 新しく近代的な規制枠組み、アメリカ第一主義の貿易政策、エネルギー開放政策、連邦予算削減などにより政策改革を実施します。
  • GDP成長率を年間3.5%まで、潜在的には4%まで届くまで押し上げます。

税制計画関連

  • 特に労働者と中間所得層が大きな減税効果が得られるように、全体にわたって税金を下げます。
  • 雇用を破壊したり競争力を蝕むくらい多くを支払うことはないにしても、富裕層が公平な分を支払うように保証します。
  • 特別な権益による抜け道を排除して、アメリカでの雇用を確保するためにより競争力のある法人税率にして、機会創出と経済活性化を行います。
  • 専業主婦家庭も含めて家庭が平均的な子育て費用分の控除を受けることによって、子育て費用を削減します。

エネルギー関連

  • エネルギーを自給できるようにし、数百万の新規雇用を生み、綺麗な空気と綺麗な水を守ります。自然環境、保護区と資源を保護します。
  • アメリカのエネルギー支配を戦略的に経済かつ外交政策の目標とすると宣言します。
  • 50兆ドルの未開発のシェールオイル、原油、天然ガスに加えて数百年分のクリーンな石炭資源を開放します。
  • OPECカルテルまたは利害が敵対するいかなる国からのエネルギー輸入の必要性から完全に決別し、その状態を維持します。
  • 合衆国国土のオンショアとオフショアリースの解放と、石炭リースの一時的停止処置の解除と、シェールエネルギー埋蔵を開放します。
  • 排気を抑制しエネルギー価格を抑制し経済アウトプットを増加させる天然ガスとその他の国内エネルギー資源の利用を促進します。
  • オバマ政権の雇用を破壊する法案はすべて廃案にします。トランプは責任のあるエネルギー生産を阻害する要因を減らし排除し、一年間で最低50万人の雇用と300億ドルの賃金増加と安価なエネルギーを創造します。

貿易関連

  • アメリカの雇用を創出する、アメリカの賃金を増やす、アメリカの貿易赤字を削減する公正な貿易協定を交渉します。
スポンサーリンク
ブログランキング

応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ人気ブログランキング

フォローする

この記事をお届けした
ドル使いの海外投資の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!