OKPayについて

OKPay
スポンサーリンク

インターネットを使った決済サービスは色々とあるのですが、始めは非常に便利でも徐々に規制が入ったりして使いづらくなってきてしまうところが多いです。最近だとSkrillが日本に対してサービスを打ち切ったり、Netellerのカードが使えなくなったりしています。

Sign up for OKPAY and start accepting payments instantly.

OKPayは2007年からなのでもう10年と長いですが、特に最近FXでの入出金手段としてよく目にするようになりました。私もここ最近使い始めましたので紹介したいと思います。

信頼性

Cyprusを拠点にしていて、2007年よりサービスを開始し、世界200カ国以上に114万人以上のユーザーがいます。EU諸国がメインで2016年10月にキプロス中央銀行の規制監督のもとに新たなサービスを展開しようとしていることを発表しています。

事業は順調に拡大しているようで、信頼性も日に日に増していると思います。ギャンブルサイトと提携していないところもなんかクリーンな感じです。

機能性

通常決済サービスの機能は、口座に入出金できて、口座残高から誰かに送金したり、誰かから送金を受け取ったりですね。もちろんOKPayにもこれらの機能があります。

入金手段

入金手段は、銀行振り込みはもちろん、ビットコインなどの暗号通貨や、海外では結構利用されている海外への各種送金システムや、PayPalやSkrillなど他の決済サービスからや、クレジットカードなどから入金ができます。非常に種類が豊富で何でもできる感じですが、手数料があるのと、通貨が限られたりするので両替手数料が必要になったりするのでコストに注意する必要があります。

出金手段

出金手段は、銀行振り込みはもちろん、VISAとMasterCardのクレジットカードや、各種送金システムや、各種暗号通貨や、各種決済サービスへ出金が可能です。OKPAY Cardへ出金することもできます。

OKPAY Card

OKPayのMasterCardブランドのプリペイドデビットカードOKPAY Cardを発行することが出来ます。残高をOKPAY Cardに移し、日本国内のATMから出金したり、買い物に使うことが出来ます。

デビットカードは資金を日本に送金することなく使えたり、コストが抑えられるので便利な出金手段ですね。

コスト

口座を作るのも口座を維持するのももちろん無料です。残高を他のOKPayアカウントに送金するのは0.5%で最大2.99ドルです。これは十分安いですね。

入出金は暗号通貨など手数料がかからないものもありますが、他の入出金手段にはそれなりの手数料がかかります。

またこういった決済サービスでは両替機能もあるのですが、両替のコストは高いですね。口座は米ドルとユーロを同時に持てるので、極力両替しないように工夫したいですね。

サポート

まず一番大きなところで日本語のホームページもサポートもないということです。英語が苦手な方にはお勧めできないです。ある程度英語が分かったり翻訳が使えるのであれば、問題ないかと思います。

英語のサポートのレスポンスが素早くて好感が持てます。

口座開設

口座開設は簡単です。もちろん日本に住んでいても口座開設できます。

OKPayの口座開設方法
OKPayの口座開設方法の流れについて説明します。 まずは上のバナーなどをクリックしてOKPayのホームページに行きます。Sing Upと書かれたところやGet Startedと書かれたボタンをクリックしてサインアップ...

一つ問題があるとすると、口座開設後に口座の制限を解除するために確認作業を行わなくてはいけないのですが、そのために英文の住所確認書類を出さなくてはいけないことくらいです。

英文の住所確認書類は、特になければ最近はインターネットバンキングとかで英文の残高証明をダウンロード出来たりするところもありますし、窓口でも頼めば数百円で作ってくれると思います。

OKPayの確認作業について
OKPayでは口座開設時には送金額と出金額に制限がありますが、これを解除するための確認作業として以下の4つのことをしなければいけません。 身分証明(一般情報)の確認 住所の確認 携帯電話番号の確認 メールアドレス...
OKPayの身分証明の登録方法
OKPayの口座開設までできたら、General Informationから身分証明の登録を行いましょう。 General Information General Informationの画面へは、My Account ...
OKPayの住所の登録方法
OKPayでは口座開設時には送金額と出金額に制限がありますが、これを解除するための確認作業が必要ですが、その一つの住所を登録して確認依頼する方法について説明します。 Addresses Addressesのページ...

Sign up for OKPAY and start accepting payments instantly.

コメント

  1. 草野尚(河童工房) より:

    合併?してますね。
    https://www.okpay.com/jp-en/redirectmp/
    2018年3月28日以降、OKPAYアカウントはMoneyPoloのドメインhttps://my.moneypolo.com/okpayに移動されますのでご注意ください。
    これは、昨年、Mayzus Financial Services Ltd.(dba MoneyPolo)との合併により、より良い統一されたインターフェースを提供するために行われました。
    法人顧客はAPIを再設定する必要があります。
    アカウントの構造とサービスの名前は、使用しているものとは異なることもわかります。ただし、これはユーザーエクスペリエンスには影響しません。
    すべての残高とその他の情報は、新しいアカウントで変更されずに利用できます。
    すべての送金オプションは、3月28日まで有効です。通常は、資金を引き出して取引を行うことができます。
    ご不明な点がございましたら、MoneyPoloサポートサービス
    https://support.moneypolo.com/
    までご連絡ください。

    https://my.moneypolo.com/okpay
    親愛なるクライアント、

    あなたはすでに、okpay.comのあなたのアカウントがmy.moneypolo.comの新しいドメインに移動されたという通知を受けています。

    あなたの現在のアカウントを心配しないでください。私たちは4.4.2018までに移行作業を完了し、あなたのokpay残高はmy.moneypolo.comであなたの新しいアカウントに完全に移ります。あなたは新しいログイン資格情報とあなたの新しいキャビネットのためのさらなる指示で電子メールを得るでしょう。
    あなたの信頼と忍耐に感謝します。間もなく新しいドメインでお客様の顧客体験が改善されます。
    心からMoneyPoloチーム