取引手法

FXや株取引で使えるさまざまな取引手法について紹介します。

スポンサーリンク
取引手法

バイイングクライマックスとセリングクライマックスとは

相場のトレンドの最終段階としてよく見られるのが、バイイングクライマックスとセリングクライマックスです。バイイングクライマックスは高値圏で、セリングクライマックスは底値圏で起こります。バイイングクライマックスは、ブローオフとも言います。 ビ...
取引手法

ランダムウォーク理論がなぜ成立しないのか

ランダムウォーク理論は、相場を張っている人から生み出されたものではなく、相場の動きを学問として考えている人から出てきた理論です。現実の相場の動きは、学者が考えてる理論通りにはいかないようです。 ランダムウォーク理論とは ランダムウォーク...
取引手法

キリ番で生じるプライスアクションを意識する

キリ番とは キリ番自体は一般的な言葉になっていると思いますが、10000のように0が多くてキリのよい数字という意味です。FXでいうキリ番は110.00とか111.00とか下二桁がゼロになっているものをさします。英語だったらdouble O...
スポンサーリンク
テクニカル分析

テクニカル分析の基礎となるダウ理論について

ダウの名前を聞いてピンとくるかもしれませんが、ダウ平均株価を考案したチャールズ・ダウのダウです。ダウはエドワード・ジョーンズとダウ・ジョンズという通信社を1882年に設立し、そこが発行しているウォール・ストリート・ジャーナルに自ら連載を持っ...
テクニカル分析

酒田五法のはらみ線は結構使えるのでチェックしよう

テクニカル分析というと江戸時代からあるローソク足を使った酒田五法が有名です。酒田五法の色々なシグナルを使いこなすというのは敷居が高そうですが、結構使いやすいのが「はらみ線」だと思います。 はらみ線とは ローソク足の隣り合わせ二本のパター...
取引手法

スワップ狙いのFX取引は危険なのか

日本人でFX取引をされている方の中には、スワップ狙いの人が多い気がします。スワップ狙いでポジションをとってみたら、どんどんと値が下がっていってスワップで貯まるよりもポジションの損失が膨らんでしまって、こんなはずじゃなかったのにと思うこともあ...
取引手法

通貨ペアを決めて取引する

FX業者によっては数十種類の通貨ペアの取引銘柄をそろえていて、どの通貨ペアで取引しようか迷ってしまいます。通貨ペアなんて気にせずチャートだけ見ていれば良いのでしょうか、同じ通貨ペア一筋で付き合っていくべきでしょうか。 パターンで取引は基本...
取引手法

一部を損切りすることからはじめる

自分が引いたトレンドラインに乗ってここから反発するのではないかとイメージしてエントリーしても、ラインを割って下がり続けることがあります。このようにイメージと違えば自分の相場でないから速攻降りようとすぐに損切りしてしまうのが一番良いのですが、...
テクニカル分析

FX取引では相場を完璧に読む必要はない

大抵はネガティブなことですが、何かしら問題となる出来事が起きたり明るみになったりすることで、今までの投資先とは異なる投資先に資金を移すなどで投資資金が動くことで為替というものは大きく動くものです。 テクニカル分析は必要 テクニカル分析は...
取引手法

忙しくてもチャートは見る

最近本業がかなり忙しくてブログを更新できない状態が続いています。正直相場もあまりチェックする時間が取れません。専業トレーダーの方以外は今の私のような状態になることもあるかと思います。 こういったときは相場の動きが気になってしまうのでポ...
取引手法

20pipsを狙うほうが200pipsを狙うより簡単という錯覚

FX取引で例えばドル円で20pipsを取るトレードと、200pipsをとるトレードはどちらが簡単だと思いますか?20pipsならトレンドを見極めてエントリーしたら簡単に取れそうなので、20pipsと考えてしまいそうですが果たして本当でしょう...
取引手法

資金1万円だけで勝率50%の1万円勝負が10回以上続けられる確率は?

例えばあなたが今一万円手に持っていて、勝負に勝つと一万円もらえて負けると一万円取られるとします。一回勝負するには当然手持ち一万円は必要です。勝率は50%として10回目にあなたがまだ勝負を続けていられている確率はどれくらいでしょうか。 ...
取引手法

複数回に分けてエントリーする取引手法について

短期でポジションを取る場合にはここと決めた場所でエントリーして、決めた場所で利益確定または損切りをするのですが、数日から数週間取引を行うようなスイングトレードの場合は複数回に分けて分割してエントリーして、それぞれのポジションを別のタイミング...
テクニカル分析

株でもFXでも使えるグランビルの法則とは?

On-Balance Volume(OBV)で有名な経済作家のグランビル(Joseph E Granville)が、1960年に発表した"A Strategy of Daily Stock Market Timing for Maximum...
取引手法

FXではリスクを考えて資金管理を行うことが大事

FXは資金管理が非常に重要です。FXで退場しなくてはいけない人の大半が資金管理ができていないからだと言われています。逆に資金管理ができてさえいればかなりの確率で利益につながると思います。 投資用資金を明確にする 投資用資金がいくらなのか...
テクニカル分析

FX取引の損切りのタイミングについて

投資に絶対はありません。自信を持ってエントリーしても思いの通りの展開にならないことはよくあることです。素直に負けを認めて素早く損切りするのが一番良いです。FXに関しては妙な負けず嫌いはかえって痛い目に合うだけでやめたほうが良いです。 ...
テクニカル分析

FX取引の利確タイミングについて

「利確」は私の最も好きな言葉の一つです。利益確定のことですが利食いとも言いますね。良いタイミングでエントリーできて予想通りの展開になれば、いつ利確するかが次の問題になります。利益は最大化したいところですが、欲張ると流れが変わって利益がなくな...
テクニカル分析

FX取引のエントリーするタイミングについて

FX取引でエントリーするタイミングって皆さんどうしているのでしょうか。私はFXトレードを主な生業にしているわけではないので、常にチャートを確認して取引を行っているわけではありません。どちらかというと空いた時間にチャートを確認しながら、相場に...
スポンサーリンク