おすすめ海外FX業者「XM」のリアル口座の有効化方法

XM
スポンサーリンク

XMで口座開設の手続きを行えばログインすることができるようになりますが、まだ取引できる状態にはなっていません。有効化を行う必要があります。有効化を行うためには本人確認のための書類を二種類アップロードする必要があります。その手順を紹介します。まだ口座開設されていない場合は、下の記事を参考にしてください。

おすすめ海外FX業者「XM」のリアル口座開設方法
XMの口座開設方法を説明します。口座開設完了まで所要時間約二分と非常に簡単です。まずはXMのトップページに行きます。 Step 0:リアル口座開設のページに移動 トップページの上部にメニューがありますが、そこにグリーンの...

ログイン

口座開設後まずログインしていただくと、右側に口座がまだ保留中であることが表示されていると思います。

retain

保留中の口座

また下のようなメッセージが表示されていると思います。

activate

口座を有効化

緑色のボタン”今すぐ口座を有効化する”をクリックします。

本人確認

ご本人様確認のページが表示され、”アップロードされている書類がありません”とメッセージが表示されているはずです。

no document

アップロードされている書類がない警告

書類の準備

ここでは二種類の書類を用意する必要があります。身分証明書と住所確認書です。

身分証明書

有効なパスポートまたは運転免許証を用意してください。どれもない場合、公的な身分証明書で、有効で、フルネーム、発行日か有効期限、出生地と生年月日、または納税番号、署名が入ったものであれば大丈夫です。これをスキャナでスキャンするか、デジカメで撮影してください。

住所確認書

住所確認書類は公共料金等の請求書の類は大抵大丈夫です。電気、ガス、水道、電話、ネット、ケーブルテレビなどどれでも大丈夫です。ただし6か月以内に発行されたものです。また銀行の残高証明書とかでも大丈夫です。最近は郵送されずにネットでPDFになっているものもあると思いますが、そのままで大丈夫です。これをスキャナでスキャンするか、デジカメで撮影してください。

ファイル形式

JPG、PNG、GIF、PDFである必要があります。たいていの場合変換は必要ないですね。ファイルサイズは4MBまでです。

書類のアップロード

upload documents

書類のアップロード

用意した身分証明書と住所確認書のファイルをアップロードします。それぞれ該当するものを”参照”から選択して、”書類をアップロード”を押せば作業完了になります。

”証明書類アップロード完了通知”のメールが届きますので、確認してみてください。書類は24時間以内に確認されて、口座が有効化されます。

validate done

有効化完了

コメント