相場観

相場観

産油国会合で増産凍結物別れに

4月17日にOPEC加盟国だけでなく非加盟国も含め主要産油国の石油担当相がカタールのドーハに集まって産油国会合が開かれましたが、結局は増産凍結の合意が得られずに6月2日のOPEC総会まで持ち越しになりました。 原油相場にとって当然好ま...
相場観

ドル円は予想通り107円に、新興国通貨は安定的

ドル円は予想通り4月7日に107円をつけ4月8日も少し戻した後、ちょうど108円付近にいますね。110円付近のサポートラインを割るのを確認してこのまま107円台に行くと予想しました。 今のところこのまま順調に円高に行き...
相場観

ドル円は再びレンジブレイク

しばらくレンジが続いていたドル円ですが、サポートラインを割って一旦109円台を付けて今は110円に戻っています。その場合のシナリオとしてWTIが下がるとみていた通り、これも一旦35ドルまで下落して、今は36ドル後半くらいですね。ここまでの展...
相場観

USDMXN売りの出口戦略について

USDMXNが18.7を超えてきた1月21日から旧ブログ「ドル使い」で売り推奨、メキシコペソの買い推奨の記事を書きましたが、19まで行ってたらナンピンをしながらUSDMXN売りポジションを増やして、今朝は17.25くらいです。今では様子を見...
相場観

ドル円はレンジ相場に戻る

16日にレンジブレイクして、そのまま円高になるかと思いきや徐々に円安に引き戻されてきてしまいましたね。やはり110円付近の抵抗はかなり強いものがありました。これはこれで日本にとって良いことで歓迎したいです。 現在113...
相場観

レンジブレイク後のドル円相場

先週16日にドル円はレンジブレイクしました。その後は典型的なレンジブレイク後の動きで、一気に下げて次の日には110円台をつけましたね。今は111円中ほどですね。来週はメインシナリオはこのまま108円から107円くらいを目指して円高が進むと見...
相場観

政策金利を据え置きで、ドル円とランド円はレンジに据え置き

昨晩FOMCが終了し、フェデラルファンド金利の誘導目標水準を0.25-0.50%に据え置きました。前にも書いた通り、上昇していない賃金が着目されていますね。また声明で大きな変更は海外動向を気にかけていることですね。去年はFOMCに空気を読め...
相場観

南アフリカランドが微妙な位置

ここ最近のドル円相場は非常に安定していますね。レンジの幅は徐々に狭まってきているように思います。今夜というか明日の早朝にFOMCがありますから、このレンジを突き抜ける可能性がありますね。一旦円安に行ってほしいですね。 南アフリ...
相場観

外国人労働力の受け入れ検討開始

自民党はやっと3月中旬に「労働力の確保に関する特命委員会」を立ち上げて、移民を含めた労働力としての外国人の受け入れの議論を開始します。やっとですね。 日本の労働人口の減少は激しく、今特にガテン系の労働力の不足が深刻化している状態です。...
相場観

ドル円はレンジ相場継続中

まだ中長期的に円高になるシナリオは変わらないです。今のところ大きくは110~115円のレンジ相場にあると思います。今は112.9円くらいでレンジの中ほどですが、これから111円位に円高になることが想定されます。 2月27日のG20で日...
相場観

WTIのトレンド転換と新興国通貨高見込み

先週の注目はWTI原油価格動向でした。下落トレンドは終わった可能性があります。今36.3ドルあたりですが、先週日足でのレジスタンスラインを超えてきたので、中期的に反発を見込みます。ただ40ドルあたりで押さえられると思います。もしもそれを超え...