相場観

その時々の個人的な相場観を公開します。あくまでも個人的な相場観ですので参考までにとどめてください。投資判断はご自分でお願いします。

スポンサーリンク
相場観

トルコショックはまだ終わっていない

トルコ中央銀行は9月13日に政策金利を6.25ポイント引き上げて24%としましたね。予想だと21%くらいだったので、それよりは多少高いですが、国内のインフレ率などから妥当性を考えると普通になったくらいです。早急な利上げが必要な状況で25%く...
相場観

トルコがデフォルトする準備をしておこう

4月くらいから何回も警戒してきたトルコリラですが、暴落がとまりませんね。市場はすでにトルコがデフォルトすることを織り込みつつあります。 背景にあるものはErdogan大統領の圧力によって生じたトルコ中央銀行の対応と実体...
相場観

トルコリラは制御不能でハイパーインフレに突入か

トルコの金利が低すぎて投資に耐えないと記事にしましたが、あれから5月に政策金利を8%から16.5%に、更に6月にも利上げを行い現在17.75%となっています。 数字だけ見ると17.75%の金利はとても高いようにも聞こえますが、...
スポンサーリンク
相場観

もう物価目標を設定するのはやめるべき

風が吹けば桶屋が儲かると言いますが、では本当に風が吹いたら桶屋が儲かっているのでしょうか。江戸時代などにそのようなことが起きたかもしれませんが、よほど条件が揃わないと成立しないのではないでしょうか。 では金利を下げれば物価が上がるとい...
相場観

米国10年債利回りが3%を超えて債券購入モード突入間近

米国10年債利回りがとうとう3%を超えてきました。心理的節目を超えてきたこともあり、資金がかなり株式市場から米国債券市場に流れ込んでいます。まあこういったことは予想できていて、このブログでも先月米国の債券について紹介しておきました。 ...
海外FX

スワップ目的でトルコリラを長期保有するとどうなるか

トルコリラは高金利通貨ということもあり人気で、最近日本のFX業者での取り扱いが増えています。ただこの通貨は豪ドルと同じように考えると問題なので注意してください。長期保有するのであれば過去をしっかり見る必要があります。 基本的に下落...
相場観

トルコリラのスワップはリスクに対して低すぎるので注意

日本のFX業者の息がかかったサイトを見ているとメキシコペソは良いのですが、やたらとトルコリラを勧めているのが気になります。トルコリラは新興国通貨の中でもちょっと問題ありの通貨です。私もたまに手を出しますが少なくとも今は長期で保有できない状態...
相場観

ビットコイン大暴落でマスコミ露出が増えたら終わり説がまた立証された

去年の12月16日にビットコインはもうそろそろポジションを取らないようにと記事にしましたが、その通りの展開になりましたね。当時は19187ドルだったBTCは、今では6929ドルです。二カ月弱で64%下落とは恐ろしいですね。ポジションをクロー...
相場観

コインチェックから580億円分のNEMが不正流出

1月26日にコインチェックから580億円分のNEMが不正流出したことが明らかになりましたが、まずその額に驚いたのと、その後流出したNEMの保有者が約26万人も居るということ、さらに大塚さんが現預金から返金するとのことのようで、かなり意外な展...
相場観

Brexit国民投票後のGBPUSD買いトレードはいつまで続けられるか

Brexitの国民投票後にGBPUSDはとりあえず下がりきったので、その後は下がったところで買って上がるまで待って売るといったトレードを繰り返すことは有効で、もう一年くらい使えています。まだ後半年くらいは有効であって欲しいかなと思っています...
相場観

ビットコイン高騰の裏に北朝鮮に対する米国政府の策略が見える

ビットコインの価格が200万円になったとかビットコインの価格急騰が話題になっています。仮想通貨と聞いただけで拒絶反応がでて怪しいものと決めつけている人も多いのではないでしょうか。ビットコインという通貨自体は今のところ安全だと思いますが、今の...
相場観

トランプ大統領が潰されそうになれば株売りで対応

トランプ大統領の問題は敵が多いことですね。あの言動は大統領としてどうかと思いますが、アメリカを主に考えた政策自体は合理的でまっとうだったりします。でも一番の問題はアメリカだけが繫栄してもらったら困るユダヤ系の人たちの影響が半端なく強いことで...
相場観

トランプ減税期待で円安トレンド継続

ドル円は軽く112円を超えてきて、113円まで行き少し戻して112.65円くらいで円安トレンド継続中ですね。円高に備えて見たものの意外とあっさりと抵抗線を超えてきた感じがあります。こういったときは流れに乗るまででしょう。 雇用統計は非...
相場観

今週、以前の支持線が抵抗線に変わり円高に戻るのか

ドル円ですが、111.8円くらいの水準に戻ってきましたね。ここら辺は以前支持線となっていたところで、今回は抵抗線として機能すると思います。ここで跳ね返されるのであれば、また108円台を再び試しに来るだろうし、ここを超えると114円台くらいま...
相場観

南アフリカは投資不適格が見えてきた

3月31日にGordhan財務大臣がZuma大統領により解任されています。27日から財務大臣を交代する動きがみられたため、そこからせっかく好調だったUSDZARは13.6ランドくらいまで上がってきました。去年も書いた通りGordhan財務大...
相場観

南アフリカランドがまだまだ絶好調を維持

南アフリカランドが絶好調ですね。USDZARが13ランドの壁を破ってからまた上昇が加速している感じですね。正直なんでここまで順調に長期にわたって戻っているのか不思議なところもあって、売られすぎの反動であればもう少し短期間で終わるはずですが、...
相場観

ドル円の今後の動きは111円水準で止まるかどうかで決まる

ドル円は115円を抜いてきたところでロングでエントリーしたのですが、また115円付近の元の抵抗線をすぐに切ってきたのであっという間に損切りになってしまいました。チャート的に元の抵抗線を割ってきたところから売りに入るべきだったですがポジション...
相場観

Wilbur Ross商務長官のおかげで順調にペソ高傾向維持

メキシコ中央銀行は200億ドル規模の為替ヘッジは順調に機能していて、今現在USDMXNは19.6ペソあたりにいます。 為替ヘッジの影響もありますが、先週金曜日にアメリカのWilbur Ross商務長官がペソは売られすぎで、今後...
スポンサーリンク