おすすめ海外FX業者「FBS」の口座タイプについて

FBS
スポンサーリンク

FBSにはセント口座、スタンダード口座、Zero Spread(またはゼロスプレッド)口座、無制限(またはアンリミテッド)口座の4つの口座タイプがあります。

おすすめ海外FX業者「FBS」とは
FBSは2009年よりサービスを開始したFX業者で、すでに7年間以上の実績があります。ここの特徴は3000倍という断トツに高いレバレッジと豊富なボーナスです。スプレッドも狭くてハイレバレッジで短期売買するのにおすすめです。しかし日本語サービ...

口座タイプセントスタンダードZero Spread無制限
初回入金$1以上$100以上$500以上$500以上
スプレッド変動1pipから変動1pipから0変動0.2pipsから
手数料無料無料$20/lotから無料
レバレッジ1000倍まで3000倍まで3000倍まで500倍まで
最大ポジション数+オーダー数100200200上限無し
ロット0.01-1000 (1/100)0.01-5000.01-5000.01-500
取引速度0.3秒 STP0.3秒 STP0.3秒 STP即時 ECN

ハイレバレッジを楽しみたい方はスタンダード口座で

一般的なロットで取引を行うのであればスタンダード口座が良いです。FBSの口座を開く理由の一番がハイレバレッジであれば、最大3000倍のレバレッジが使えるスタンダード口座を選択したいところです。

通常のレバレッジでも良いならば無制限口座で

無制限口座はレバレッジは500倍とFBSとしては低いですが、一般的なレバレッジですね。無制限口座が良い第一の理由はスプレッドです。ECN(電子商取引)でディーラーを介さないで、Currenexに直結で取引できます。ですのでスプレッドがかなり狭いので取引に有利です。大半の通貨で0.2pipsのスプレッドですね。これだけ狭ければスキャルピングも行けます。もちろん何をやっても取引制限されることはありません。

NDD(ノーディーリングデスク)方式とは
NDD(No Dealing Desk)方式のFX業者とはディーリングデスクがないFX業者のことで、FX業者が勝手に取引を決めることはありません。オーダーはすべてディーラーが介在することなく自動的にLP(Liquidity Provider...
Currenexについて
最近Currenexのプラットフォームを提供しているFX業者が増えてきています。CurrenexはNew Yorkが拠点で1994年に設立され、複数の金融機関と接続可能な取引プラットフォームを提供しています。Currenex自体はSTP方式...

Zero Spread口座はちょっと高い

残念ですがZero Spread口座はちょっと努力が足りません。手数料が高いです。往復$20はEURUSDだけです。

初心者の練習用として面白いセント口座

よくデモ口座というのがるのですが、あまりお勧めしません。少しでも良いので実際のお金を使って取引をすることが上達につながると思います。セント口座はそういった意味で、かなり少ない額で取引ができますので、その分を多く練習できます。普通にスワップも普通に付きますし長期取引にも向いているといえます。

MT5用口座もある

セント MT5口座と、スタンダード MT5口座はそれぞれセント口座とスタンダード口座と同じスペックで取引プラットフォームがMT5になります。MT5を試してみたい方は是非口座解説してみてください。

Bonus 3口座

7日間だけ有効なボーナス口座です。この口座を開けるとすでに$123ドル入金されていますので、これで自由に取引できます。無制限口座と同じスペックになります。$123ドルは7日後には0になってしまいます。利益の引き出しには取引量などの条件があります。

おすすめ海外FX業者「FBS」のBonus 3口座について
FBSにはBonus 3口座というちょっとユニークなボーナス口座があります。この口座を開設すると口座にはすでに123ドル入金されていますので、いきなりトレードを開始することが出来ます。出金には制限があるので単に123ドルがもらえるとい...

コメント