ドル円は再びレンジブレイク

相場観

しばらくレンジが続いていたドル円ですが、サポートラインを割って一旦109円台を付けて今は110円に戻っています。その場合のシナリオとしてWTIが下がるとみていた通り、これも一旦35ドルまで下落して、今は36ドル後半くらいですね。ここまでの展開は読み通りです。

ドル円はレンジ相場に戻る
16日にレンジブレイクして、そのまま円高になるかと思いきや徐々に円安に引き戻されてきてしまいましたね。やはり110円付近の抵抗はかなり強いものがありました。これはこれで日本にとって良いことで歓迎したいです。 現在113...

ここからどうなるかですが、WTIに注目です。36ドルを割ってほしくなかったのですが、割ってしまったのでやはり下落方向に考えたいですが、今晩はEIAの週間在庫統計が日本時間23:30に発表されるのと、FOMCの議事録公開が3時にあるので、内容次第では流れが変わるとも思っています。

まずはドル円ショートポジションはニュートラルにしておきたいと思います。またレンジに戻ることを期待していますが、110円をまた割ってくると108円、107円くらいの水準に移ると思います。WTIは34ドル付近で止まらない場合は30ドルを割ることも視野に入れる必要があります。

前に書いたUSDMXNのショートポジションですが、17.4を超えた時点で一部利益確定しました。残りは多少の動きではクローズしない方向です。

USDMXN売りの出口戦略について
USDMXNが18.7を超えてきた1月21日から旧ブログ「ドル使い」で売り推奨、メキシコペソの買い推奨の記事を書きましたが、19まで行ってたらナンピンをしながらUSDMXN売りポジションを増やして、今朝は17.25くらいです。今では様子を見...

コメント